ケラスターゼ(Kerastase)ヘアサロン用のヘアケア商品

スポンサードリンク             プライバシーポリシー

ケラスターゼKerastase)は、フランスの
ロレアルが販売しているヘアサロン用の
ヘアケア商品
です。1964年に誕生して、日本に持ち込まれたのは1990年代のことです。

以後、世界の先端を行くトップサロンを中心に、45ヵ国以上の人々に愛されており、2000人もの研究者が日夜その品質向上に努めています。

ケラスターゼの、ケラは毛髪を構成するタンパク質の名前、ケラチンから付けられました。

スターゼ美を指す言葉だという噂が流れて
いますが、そのような単語は英語や仏語には見当たらないため、似たスペルを持った単語、例えば日本語でもエステと使われる元となったaesthetic、もしくはaesthesiaやaestheteを
もじったものか、あるいはヨーロッパ言語の背景にあるラテン語やギリシア語に似た単語があり、それを由来にしているのかもしれません。

ケラスターゼの特徴

ケラスターゼが従来のヘアケア商品と一線を画していた特徴は、それまで1種類しか発売してこなかった
ヘアケア商品の中で、個々の頭皮髪の質に応じて使い分けることが出来る複種類のラインナップ
揃えたことです。

ブランドが掲げた理念は、健康な髪は健康な頭皮から生まれるという、当時としては
かなり画期的なものです。髪質頭皮の状態は人それぞれだから、肌をいたわるように、
その人に合わせた集中的なケアを行える商品であることを目的としています。

スキンケアが個人の体質に合ったものを選べるように、ケラスターゼもドライ、オイリー、ダメージと
細かい症状にそれぞれ狙いを定めた商品を展開してきました。 ケラスターゼの最大の魅力は、
世界のセレブリティ御用達トップサロンに裏打ちされる高い品質です。

沢山の研究者と多くのサロンのプロ達が生み出した品質を最大限に発揮するリチュアル
呼ばれるマッサージ技術が合わさって、さらに日々進歩しています。

SPONSORED LINK


ケラスターゼ ヘアサロンでプロによるカウンセリング

サロンでは、最大効果を引き出すために、一番適した商品を選ぶべく、プロがコミュニケーションを
大事にしながら、丁寧に診断します。
そうやってプロによって作られたケアメニューは、商品も違えばケアの方法も違う究極の
オーダーメイドなので、毎日悩みの種のとなっていた髪のトラブルもどこかへ吹っ飛んでしまうことでしょう。

ケラスターゼはもともとこのように、ヘアサロンでプロにカウンセリングを行ってもらうことで
どのラインを使用するか判断していましたが、1980年代には、ヘアサロンでケアを行うだけでなく、
ヘアサロンで整えた美しい髪を維持するケアを自宅でも行えるように、ホームエステという
概念も確立しました。

スポンサードリンク




>>>ケラスターゼ ラインナップ